bend sinister

「パラモデルの 世界はプラモデル」展1

西宮市大谷記念美術館で開催中(8/1まで)の「パラモデルの 世界はプラモデル」展に行ってきました。

これまでのパラモデルの活動が一気に俯瞰できる内容になっていて、
大規模なインスタレーションのダイナミズムと、細かい所にまで配慮の行き届いた緻密さとが同居した、
ずっと見ていても飽きない、そして、一日中でもここで過ごしたいと思わせる、
パラレルでパラドキシカルでパラダイスな、とにかく楽しい展覧会でした。

まずは、パラモデルの代名詞となりつつあるプラレールを使った作品からどうぞ。

f0190773_1152458.jpg
f0190773_18264690.jpg
f0190773_11511956.jpg

[PR]
by ok-computer | 2010-07-18 11:53 | アート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bends.exblog.jp/tb/14214442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by London Caller at 2010-07-19 08:28 x
素敵な展示会ですね!
大人も子どもも大好きでしょうか?!
そんな美術品に囲まれていると、あたかも寓話の世界にいるかのような気がします。
Commented by ok-computer at 2010-07-19 15:12
コメントありがとうございます!

身近なおもちゃや日用品を使った作品が多数ありますので、
子どもが何の予備知識もなく見ても楽しめるようですね。
なかでも、やはりプラレールを使った作品は人気でした。

ありふれた物を使いながら、寓話的な世界を作り出せるのは
アートの力であり、作家の力、なのだと思います。