bend sinister

2011/7/25

▼ボブ・ディランの『ブロンド・オン・ブロンド』を聴く。▼リマスター盤がネットで安価で出ていたので買い直そうかと思ったが、25年ほど前に購入したLPを久しぶりにターンテーブルに乗せてみたら、思ったより良い音を鳴らしてくれたので、散財は思い留まる。▼そして、改めてそこに収められた音楽に夢中になった。▼とはいうものの、僕はずっと良いディランの聴き手とは言えなかった。▼25年前に購入したのも、ロックの名盤として雑誌によく紹介されていたから、という理由からに過ぎず、その音楽をちゃんと理解していたというわけではなかった。▼最初に聴いたときには、繰り返しが多すぎるような気がしたし、定評ある歌詞についても(この時期のものは)シュールで難解で何が言いたいのかよく分からなかった。▼むしろ、ディランの音楽が分かるようになったのはつい最近で、クラシック音楽に興味の中心が移って、ロックを以前ほど夢中で追いかけないようになってからのような気がする。▼きっとディランというのはロック界においては特殊な才能なのだろう。▼ビートルズやストーンズやビーチ・ボーイズやドアーズみたいなバンド、というのは存在するが、ディランみたいなアーティストというのはあまり思い浮かばない。▼いろんな音楽を通過して、ようやくディランの音楽にニュートラルに向き合えるようになったのかもしれない。▼しかし・・・・・本音を言えば、この『ブロンド・オン・ブロンド』、LPでは2枚目のA面に収められている11~13曲目辺りは単調で少し退屈に感じられる。▼もしかすると、僕がボブ・ディランを完全に理解するようになるにはさらに25年が必要なのかもしれない。

f0190773_21263141.jpg
[PR]
by ok-computer | 2011-07-25 21:26 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bends.exblog.jp/tb/16669352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]