bend sinister

村上春樹『1Q84』

▼村上春樹の『1Q84』を読了。▼全3巻で1600ページを超える物語は、考えてみればドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を超えるボリューム。▼村上春樹が世界的に評価される理由のひとつには、現代において珍しく大長編を書ける作家であるということがあるのかもしれないと考える。▼ドストエフスキーの重厚長大に較べ、村上氏は軽薄長大というか、性や暴力や宗教を扱っていながらも、文体はどこまでも読みやすく、そのトーンはあくまでも軽い。▼そこを物足りなく感じる向きもあるだろうが、現代の小説芸術の在り方のひとつとしてこれもアリなのではないと思う。▼メディアに多く取り上げられ、たくさん売れた本だけに毀誉褒貶はなはだしいが、amazonのレビューなどを覗いてみると、「回収されない伏線が多すぎる」「性描写がねちっこすぎる」と(今さらながら)批判する人が多いのに驚かされる。▼それっていつもの村上春樹の特徴なんですけどね・・・。▼BOOK1の冒頭とBOOK3のエンディングが呼応する構成は村上作品としてはむしろ親切な作りになっているとぼくは感じた。▼『ねじまき鳥クロニクル』と『国境の南、太陽の西』の要素をミックスさせて、それぞれの欠点を補い合いつつ、SF風味を加えてヴァージョンアップさせた作品、というのが『1Q84』に対して受けた印象。▼質的に『海辺のカフカ』に優るとも劣らず、そこに分量を評価軸に入れるとすれば、これまでに読んだ村上作品のなかでも最上級の作品だと言っても差し支えないと思う。
[PR]
by ok-computer | 2012-06-30 14:55 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bends.exblog.jp/tb/17711539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]