bend sinister

ジョン・コルトレーン『Live at the Village Vanguard』

▼ジョン・コルトレーンの『Live at the Village Vanguard』を聴く。▼ジャズが苦手な人の多くがその音楽について違和感を憶えるのはアドリブ部分の長さではないだろうか。▼アドリブというのはジャズという音楽においてはテーマと同じくらい、あるいはそれ以上に奏者にとっての創造性が発揮される部分であるはずなのだが、門外漢にとってはテーマほどメロディが明確ではない部分がなぜこんなにも必要なのかと不思議に思えてしまう。▼生粋のロック・ファンだったぼくもジャズに対してそんな風に感じていた時期が長くあった。▼マイルスやコルトレーン、それにビル・エヴァンスといった人たちのアルバムは10代のころから持ってはいたが、それは何となく格好良さそうだからといったアクセサリー感覚であって、のめり込んで聴いていたわけではなかった。▼ぼくがジャズを本当に好きになったのはクラシックを聴くようになってからのこと。▼クラシック音楽の変奏曲の形式とジャズのテーマ→アドリブ→テーマという構成に共通性があることに気づかされたのだ。▼それに加えて、マーラーの交響曲のように長大な作品を聴くことによって、3分間の芸術であるポップミュージックとは異なるジャズのタイム感みたいなものにも馴れたのかもしれない。▼『Live at the Village Vanguard』に戻ると、1曲目の「Spiritual」はすでにこの時点で『A Love Supreme』の世界がほぼ出来上がっていたことが分かる、コルトレーンのオリジナル曲のなかでも屈指といってもいい作品。▼ラスト(といっても3曲しか収録されていませんが)の「Chasin' the Trane」はエンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダーが動き回って吹くコルトレーンを追いかけながら録音していた様子を曲名にしたもので、いかにもそれらしいユーモラスな曲調なのだが、それをアドリブでどんどん展開していって、どこまでもどこまども熱くなっていく様が圧巻だ。

f0190773_20292478.jpg
[PR]
by ok-computer | 2013-01-28 20:29 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bends.exblog.jp/tb/18472976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]