bend sinister

坂本龍一『/04』『/05』

▼坂本龍一の『/04』と『/05』を聴く。▼アルバムの大部分は過去の自作曲をピアノ用に再アレンジしたもので占められているのだが、「戦メリ」や「ラストエンペラー」のような代表曲ばかりでなく、あまり知られていない曲やここでしか聴けないレア音源も含まれている。▼新曲が次々出来る状態であれば過去曲を再演する必要はなく、だいたいにおいてミュージシャンがセルフカヴァーを試みるようなときは才能が枯渇しつつあるというのが相場であって、坂本龍一の場合も21世紀以降オリジナルアルバムの創作ペースは落ちてきているのだが、これらのアルバムは悪くない、というかぜんぜん悪くない。▼「Riot In Lagos」や「Thousand Knives」といった、打ち込みで緻密なアレンジを施されていた楽曲がピアノ用に(オリジナルよりは)シンプルな形でリアレンジされることによって曲本来が持つ核のような部分が抽出されて響いてくるような印象がある。▼「Thousand Knives」のサビが2回繰り返される部分のダイナミクスの変化の表現はピアノのほうが向いているのではないかと思ったくらい。▼以下、それぞれのアルバムで気に入った曲を1曲ずつ。▼『/04』収録の「+33」はルイ・ヴィトン150周年を記念して制作された楽曲。▼スティーヴ・ライヒ的なピアノの執拗なトレモロを繰り返すバックトラックのうえに、ラヴェルを思わせるような旋律が乗せられる。▼こういうのは普通のポップ・ミュージシャンには知識がなくて出来ないし、現代音楽家にとっては厚かましくてやはり出来ないし、ある意味坂本龍一のポジションだからこそ出来ることなのかもしれない。▼『/05』では「Happyend」。▼元々は坂本のシングル「フロントライン」のB面に収録されていた曲だが、一番多く聴かれてきたのはYMOの『BGM』に収められたヴァージョンではないだろうか。▼ただ、『BGM』のヴァージョンはダブの手法で主旋律を削除するようなミックスが施されているため原曲の良さがまったく損なわれているし、原曲もシンセの音色などが現在だと古めかしく聴こえてしまう。▼『/05』のヴァージョン(ピアノ4台の多重録音)によって、ようやく楽曲が持つ真価が分かりやすく伝わるようになったという感慨、この曲だけのためにアルバムを購入しても損はない。

f0190773_18221563.jpgf0190773_18222367.jpg
[PR]
by ok-computer | 2014-01-20 18:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bends.exblog.jp/tb/21303277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]