bend sinister

チャールズ・ミンガス『Blues & Roots』

▼チャールズ・ミンガスの『Blues & Roots』を聴く。▼随分前に「クラシックを聴く際に「これはロックか否か?」ということを判断基準にする癖がある」というようなことを書いたが、ジャズについても同じことが言える。▼マイルスやオーネット・コールマンは「ロック」的なジャズ・ミュージシャンであり、デイヴ・ブルーベックやデクスター・ゴードンはあまり「ロック」じゃないミュージシャンということになる。▼そして、チャールズ・ミンガスは言うまでもないかもしれないが、ぼくにとって理想に近いような「ロック」的アーティストである。▼ジャズ界の裏話を集めたビル・クロウの『ジャズ・アネクドーツ』のなかで、友人に対しては良い人物だが、自分が(特に人種差別的な)酷い扱いを受けていると感じると、途端に気難しく攻撃的な人物になるということで、電話で音楽関係者(白人)に口汚く罵声を浴びせるミンガスの姿に出くわした友人のエピソードが紹介されていた。▼それを読んで、「音楽から受ける印象そのまんまの(ロックな)人なんだな~」と妙に納得したことを覚えている。▼ミンガスはジャズ界でも屈指のソングライターのひとりだと思うのだが、いわゆるスタンダード・ナンバーになりえるような甘いテイストの作品はほとんど残していないため、その実力不相応に過小評価されていると思う。▼『Blues & Roots』はミンガス絶頂期と言ってもいい1960年にリリースされた作品で、当たり前のように大傑作なアルバムだが、決して安寧としたヤワなものではなく、聴き手を鼓舞し、挑発し、活を入れるような音楽なのだ。▼嘘だと思ったら、YouTubeで冒頭の「Wednesday Night Prayer Meeting」だけでも聴いてほしい。▼ミンガスの咆哮もばっちりと決まった、その血湧き肉踊る音楽を聴くと「さあ、月曜日からまた頑張ろう!」という気分になる。▼(たとえ現実には、月曜の午前中のうちにそんな気分は完全に消え去っているのだとしても)

f0190773_8411479.jpg
[PR]
by ok-computer | 2014-10-27 08:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bends.exblog.jp/tb/23185184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]