bend sinister

palla/河原和彦 『断面 SECTION』

京都のCOHJU contmporary artで開催中の
palla/河原和彦さんの個展『断面 SECTION』に行ってきました。

ネット上でもたくさんの作品を公開している河原さんですが、
和紙にインクジェットプリントされた平面作品では
インクがわずかに滲むために、
パソコンで見る、デジタルのシャープな感じとはまた違った
やわらかでポエティックな独特の風合いを醸し出していました。

映像作品もふたつ見ることができましたが、
コンテンポラリーダンサーを捉えた映像を基にした新作では
映像が折り重ねられたり、ずらさたりするなかで
ダンサーの衣装(チュチュ)がまるで波のように見えてくる
発見と驚きとともに、
可視化された被写体(ダンサー)の顔や手足の表情や、
河原さんには珍しく縦長の構図を採用したことなど、
新境地と言えるような作品でした。

ぼくの素人丸出しの質問にもソフトな語り口で丁寧に答えてくださった
河原さんに甘えて、ついつい長居してしまいました。
ありがとうございました。

f0190773_14165688.jpgf0190773_1425218.jpgf0190773_1417229.jpg
[PR]
by ok-computer | 2015-05-04 14:17 | アート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bends.exblog.jp/tb/23971165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]