人気ブログランキング |

音楽の海岸

アラン・シリトー『漁船の絵』

▼アラン・シリトーの『漁船の絵』を再読了。▼あなたの好きな短編小説をあげてくださいと問われれば、まず最初に思い浮かぶのがこの作品。▼大学生の頃、あまり趣味が合うとはいえなかった、映画サークルの先輩と話していたときに、お互いこの小説が好きだということが判明して、嬉しいやら気恥ずかしいやら、なにか複雑な気分になったことを思い出します。▼小説のタイトルのつけかたは作家によって様々ですが、この作品の場合はストレートというか、即物的です。▼漁船を描いた一枚の絵をめぐる、元夫婦のものがたり。▼この「元」夫婦というところがこの作品の肝で、すでに別れてしまったふたりを唯一繋ぎ止めているのがこの「漁船の絵」というわけです。▼ある日、元妻が元夫の住む家にやってきて、ひとしきり喋った後で、壁にかかった絵に目を止めて「あの絵がほしいわ」と言う、元夫は「ほしかったら、持っていっていいぜ」と答えて、その絵を彼女に譲る。▼しかし数日後、質屋の前を通りかかった元夫はその絵が店頭に売られているのを発見して、仕方なく買い戻す。▼後日、ふたたび彼の元を訪れた元妻は何食わぬ顔で言う、「あれ、いい絵ねえ。とっても好きだったわ」……▼その後の展開についてはぜひ作品を手に取って、読んでみてもらいたいと思います。▼この小説を初めて読んだ当時、ぼくは愛について何も知らなかったけれど(今もそう変わりませんが)、この作品が失われた大きな愛について語っているということは理解することができました。▼以来、何度も読み返していますし、読み返すたびに感動します。

f0190773_11355381.jpg
by ok-computer | 2015-06-29 11:36 | 文学・本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bends.exblog.jp/tb/24188962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]