bend sinister

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「パラモデルの 世界はプラモデル」展6

f0190773_8294088.jpg

f0190773_8285985.jpg
f0190773_8283336.jpg
f0190773_8281820.jpg
f0190773_8383972.jpg

[PR]
by ok-computer | 2010-07-23 08:31 | アート | Trackback | Comments(2)

「パラモデルの 世界はプラモデル」展5

2階では塩ビ管を使ったインスタレーションが展示されています。
会期中も制作が続けられて、拡張・増殖していきます。

プラレール、塩ビ管、水道管ゲームなど、
パラモデルの作品では、何かを「つなぐ」行為が重要であるような気がします。
それは物理的なものに留まらず、作品と作品を、意味と無意味を、作り手と観る者をつないでいきます。
そして、そこには常に拡張の可能性が残されているのです。

f0190773_837239.jpg

f0190773_8371244.jpg

[PR]
by ok-computer | 2010-07-22 08:38 | アート | Trackback | Comments(0)

「パラモデルの 世界はプラモデル」展4

f0190773_8302229.jpg

f0190773_8303017.jpg

[PR]
by ok-computer | 2010-07-21 08:31 | アート | Trackback | Comments(0)

「パラモデルの 世界はプラモデル」展3

今日は作品をアットランダムに。
彼らの多彩な魅力が伝わると思います。


f0190773_19475454.jpg

f0190773_19484335.jpg

f0190773_19485226.jpg

f0190773_1949199.jpg

[PR]
by ok-computer | 2010-07-20 19:50 | アート | Trackback | Comments(0)

「パラモデルの 世界はプラモデル」展2

この展覧会では美術館のあらゆるスペースを使って作品が展示されていますが
今日は和室に配置された作品のなかからいくつかをご紹介。

2、3枚目のキャラクターは「テナシイヌ」といって
パラモデルがまだパラモデルではなかった初期の頃から取り組まれている
彼らのコアな表現のひとつと言ってもいいものです。
なぜ「テ」が「ナシ」なのか、その辺りを探求してみても面白いですが
キャラクターの可愛らしさだけでも充分に楽しめます。

f0190773_1543127.jpg
f0190773_1545239.jpg
f0190773_1544471.jpg
f0190773_1545990.jpg

[PR]
by ok-computer | 2010-07-19 15:05 | アート | Trackback | Comments(0)

「パラモデルの 世界はプラモデル」展1

西宮市大谷記念美術館で開催中(8/1まで)の「パラモデルの 世界はプラモデル」展に行ってきました。

これまでのパラモデルの活動が一気に俯瞰できる内容になっていて、
大規模なインスタレーションのダイナミズムと、細かい所にまで配慮の行き届いた緻密さとが同居した、
ずっと見ていても飽きない、そして、一日中でもここで過ごしたいと思わせる、
パラレルでパラドキシカルでパラダイスな、とにかく楽しい展覧会でした。

まずは、パラモデルの代名詞となりつつあるプラレールを使った作品からどうぞ。

f0190773_1152458.jpg
f0190773_18264690.jpg
f0190773_11511956.jpg

[PR]
by ok-computer | 2010-07-18 11:53 | アート | Trackback | Comments(2)