人気ブログランキング |

音楽の海岸

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2013/4/29

▼マレイ・ペライアによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ集を聴く。▼収められた3曲のうち、4番と11番のソナタは2012年に発売されたペライアの40周年記念ボックスで初めてCD化された音源で、CDの分売は今回が初めて。▼そのキャリアの長さにかかわらず、ペライアのベートーヴェン録音は少なく、ソナタ全32曲のうち12曲に留まっている。▼しかも、その12曲というのが『熱情』と『田園』を除けば、意識的に有名曲を避けているかのような選曲で、例えば10番までのうち6曲を録音しているのに『悲愴』は取り上げていない。▼ペライアの美しい音色で『月光』や最後の3つのソナタを聴きたいというファンもきっと多いのではないだろうか。▼しかしながら、ペライアが有名曲を避けているがゆえに、有名曲以外のソナタの魅力を教えてくれるという効用はあるのかもしれない。▼このディスクに収められた曲では、11番は比較的取り上げられる機会もあるかもしれないが、4番と7番は全集録音を目指すピアニスト以外ではなかなか聴くことができないかもしれない。▼ぼくも7番についてはブレンデルとポリーニの演奏を持ってはいるものの、ほとんど印象に残っていなかった楽曲だ。▼今回ペライアの演奏をじっくり聴いてみて、こんな良い曲だったっけ?という感想を持つことになった。▼4番は『ハンマークラヴィーア』に次ぐ規模の作品で、ベートーヴェンのソナタのなかではカルト的(?)人気を持つ作品。▼この作品についてぼくは若いベートーヴェンがかなり背伸びをして制作した楽曲というイメージがあるのだけれど、第2楽章などは、晩年のソナタの深遠をコピーしてきたかのような、時系列のねじれを感じさせる不思議な魅力をおぼえる。

f0190773_1516157.jpg
by ok-computer | 2013-04-29 15:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

大阪府立狭山池博物館

f0190773_178021.jpg
f0190773_178893.jpg

by ok-computer | 2013-04-25 17:07 | 写真 | Trackback | Comments(0)