人気ブログランキング |

音楽の海岸

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ミヒャエル・ハネケ『愛、アムール』

▼ミヒャエル・ハネケの『愛、アムール』を鑑賞。▼127分の映画で総カット数は236しかないとのことで、だいたい1000カット前後と言われる(『ボーン・アルティメイタム』は4000カット以上!)通常の映画の基準に較べるとかなり少なめで、長廻しが多用されていることが数字的にも実証されている。▼じっさい、作品を観ていても「どこで切り替わるのだろう?」と思ってしまうような、あまりに長過ぎるように感じられるショットが多いのだが、それがなんでもないシーンでも何かが待ち受けているのではないか?という緊張感を観る者に強いる効果を生み出してもいる。▼その一方で、とくに会話シーンなどでは次に重要な答えが出されるという前でバッサリと切られたりもして、映画の約束事みたいなものをことごとく外していく、つまりはいつものハネケ作品となっている。▼ネットでこの作品を検索すると「ハネケの映画を観て初めて感動した!」的な感想が出てくるのだが、ぼくにはまったくそうは感じられなかった。▼映画としてはリアル過ぎる老人介護の描写を延々と映し出していくさまは、ハネケの(悪名高い)『ファニーゲーム』で監禁されてひたすら嬲られていく一家の姿にそのまま重なっていく。▼結局のところハネケは不変なのだが、カンヌでパルムドールを獲って周囲の目が変わったのか、「感動したい症候群」の一部映画ファンに消費されつつあるのか。▼ぼくはといえば、映画後半の幻想・妄想的なシーンの挿入や、鳩の象徴的かつ曖昧な使い方に作為的なものが感じられたのが残念だったのだが、ハネケは『ベニーズ・ビデオ』や『セブンス・コンチネント』のような初期作品が好き、というようなぼくみたいな人間はもはや稀になっているのかもしれない。

f0190773_8482131.jpg
by ok-computer | 2014-04-13 13:49 | 映画 | Trackback | Comments(0)

安部公房『他人の顔』

▼安部公房の『他人の顔』を読了。▼彼の作品はいくつも読んできたのだが、この作品はとくに読みづらく感じられ、相当時間がかかってしまった。▼作品の骨格となるのは、ケロイド瘢痕で顔を失った主人公が残した3冊のノートと一通の手紙。▼しぜん、文章が告白・独白調となるのは致し方ないとしても、仮面製作について専門用語を多数ちりばめながらの延々とした記述についていけるかどうかが、初見の読者には好悪の分かれ道となるかもしれない。▼ドラマが動きをみせるのはようやく260ページを超えたあたりから。▼しかし、その後の叙述はドラマの高まりとは反比例してあっさりとしたものになっていく。▼なんだか狐につままれたような気分になるのだが、最後の一文にたどり着くとき、すべてが氷解する。▼これをずるい!と思うのか、やられた!と感じるのか。▼ぼくにとっては、時間を置いて、改めて読み直す必要のある一冊となったように思う。▼文庫本の解説は大江健三郎で、作品の構造に関する必然性や、存在論的視点からの分析を説得力のある筆致で試みていて、さながら日本文学史における「知の巨人」ふたりの邂逅に立ち会うような感慨を抱かせる。

f0190773_13501776.jpg
by ok-computer | 2014-04-12 12:05 | 文学・本 | Trackback | Comments(0)