人気ブログランキング |

音楽の海岸

<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

河合晋平博物館 マガザノアプラス展(LADS GALLERY)

会場にずらりと500体近く並んだマガザノアプラスは、
H・R・ギーガー(ちょっと振り向いてみただけの異星人)、
あるいは点滴チューブなどを想起させて、美しくもどこか妖しげな雰囲気。
一方、マガザノアプラスの制作過程で余った材料を用いたワークショップは子どもも大人もハマってしまう面白さ!
「作品ではなく、ワークショップ目当てに来る人もいる」と河合さんは苦笑していましたが、
いやいや、展示とワークショップ、作家性とエンターテイメントがバランス良く同居した
素晴らしい展覧会だったと思います。
今日がギャラリーデビューの娘は河合さんと一緒に記念写真まで撮らせていただいて大喜びでした。

f0190773_20354427.jpg
f0190773_20373418.jpg
f0190773_20361958.jpg

f0190773_20375937.jpg
f0190773_20382042.jpg





by ok-computer | 2017-07-31 20:38 | アート | Trackback | Comments(0)

21世紀のベスト・アルバム(これまでのところ)⑪

Julian Casablancas + The Voidz / Tyranny

21世紀に出たなかで最も過小評価されているアルバムのひとつ。
謎の80’s趣味とサイバーパンクとハードコアがないまぜになったような
サウンドは極めてオリジナルで、決して耳当たりの良いものではないが、
ごった煮のカオスのようなバンドの音の中からフックとなるメロディが
浮かび上がるときのカタルシスは滅多に体験することができないものだ。
ジュリアン・カサブランカスという人の才能に改めて瞠目させられる一枚。



by ok-computer | 2017-07-03 12:29 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

南大阪管弦楽団 第30回記念定期演奏会(2017.7.2 すばるホール)

毎年楽しみにしている南大阪管弦楽団の定期演奏会に行ってきました。

今回は定期演奏30回目の記念公演ということで、開演前のロビーコンサートに始まり、ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲」、ベートーヴェン「ピアノ協奏曲第3番」、シベリウス「交響曲第2番」、そしてアンコールは(誰もが期待していた)「フィンランディア」という、有名曲が並んだ贅沢なプログラムでした。

演奏の良し悪しを判断する知識はぼくにはありませんが、後半になればなるほどオーケストラがまとまって、演奏も熱を帯びていった印象を受けました。とくにメインのシベリウスは、作品の持つ透明感と高揚感をしっかりと押さえた素晴らしい演奏だったと思います。白樺の間を漂う靄のような、弦楽器の細かい動きを音だけでなく目でも追うことができたのも実演ならではのことで、CDを聴いているだけでは分からない発見がありました。

オケを維持していくのは大変だと思いますが、今後も40回、そして50回と素晴らしい演奏会を積み重ねていってくれることを願ってやみません。

f0190773_19410169.jpg
f0190773_19413114.jpg




by ok-computer | 2017-07-02 19:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)